・LOVE is・・・

恋愛は、娯楽の一つに過ぎない、と言ったら、あなたは怒るでしょうか。

あんまりテレビや雑誌が恋愛恋愛言うものだから、
よくわからないけど、恋愛はものすごいもの。
とにかく一度はやっとかないと、一生後悔するもの

そんな風に思っている人が多いような気がします。
・・・私も思ってましたけど。(ノ∀`)

でも、そんなことないと思います。
実際にやることといったら、
お金払って、おしゃべりして、
お金払って、おしゃべりして、
お金払って、おしゃべりして、
お金払って、おしゃべりして、
泣いて、笑って、怒って、
それでおしまいです。

ハマれば楽しいですし、
得ようと思えば副次的に得るものもたくさんありますが、
基本的には単なる消費。単なる娯楽。その連続があるだけです。

だから、

下手だからといってムキになる必要はないし、
少なくとも、強迫観念に駆られてやるものではないと思います。


もし、恋愛に対して苦手意識があるのなら、
むしろ、
恋愛のことは一先ず置いといて、自分の価値を上げることに専念したほうが得策だと思います。

皮肉な結果と言わざるを得ませんが、
なりふり構わずガツガツしていた若い頃はさっぱりだったのに、
落ち着いて、仕事にも慣れて、仕事がらみの小ネタの一つも披露できるようになった頃からそこそこ相手にされだした。
特に男性には、よくあることです。


あるお金持ちが言いました。「女は金についてくる」
私は、この言葉は真理だとは思いません。
ただ、彼の人生における、彼なりの真実だとは思います。

彼の価値が「お金を稼げること」ならば、
「お金が重要」と思っている女性には評価されるでしょう。

当然のことながら、すべての女性がお金で買えるわけではありません。
でも、すべての女性が愛情で買えるわけでもないのです

金、愛情、容姿、地位、ユーモア、知性、運動神経、知名度、教養、信頼・・・
最終的には、いかに自分のValueを高め、それをVisualとして表現していくか。

相手が自分の価値を認めてくれるかどうかは、単純に「運」だと思います。


もちろん、私はモテを極めし者ではありませんし、
今もってモテモテかというと、そうでもありませんので、
恋愛の螺旋の奥底に、もしかしたら、何物かがあるのかもしれませんが、

嘘でも、煽りでもなく、
今の私から見える風景は、正直なところ、こんな感じです。


TOP