・リソースのクリーンアップ

リソースとはこの場合、あなたの使うことのできるお金、場所、時間、体力、やる気、集中力などのことで、それぞれ、限りがあります。

今のあなたは、自分の生命維持に最低限必要な分以外のリソースは、すべてオタク趣味につぎ込んでいることでしょう。
これから、あなたのリソースをもう一度見つめなおして、新しいことを始められるように、再分配していきます。

・フルコンプ中毒
フルコンプ。いまさら解説する必要もないかもしれませんが、フルは「full」、コンプは「complete」で、「すべてを、完全に」の意味で使われます。
具体的には、 などがあげられます。

オタクにとって、フルコンプは一種のステイタスであるとされています。
「自分はたくさんのものを持っている」
「いろんなことを知っている」
その究極形が「すべてを、完全に」のフルコンプというわけです。

ただし、その代償として、莫大なお金と時間と体力を消費します。

重要なのは、フルコンプ中毒はコンプリート完了後もあなたの生活を圧迫し続けます
  1. 必要なものを探すのに時間がかかる
    自慢のコレクションで自分のスペースが埋め尽くされていると、今、自分が必要なものを探すために膨大な時間を費やすことになります。

    部屋の中でテレビのリモコンを見失って困ったことはありませんか?何百枚のカードの束から今必要な1枚を探すのに何分もかかっていませんか?
    パソコンの中の必要なファイルを探して何時間もディスプレイとにらめっこしたことは?

    コレクションの数が少なければ、もっと簡単に見つけ出せたはずです。

  2. 整理にかける時間と場所が増える
    コレクションの数が増えるに従って、コレクションの整理にかかる時間とスペースは飛躍的に増加します。
    最初ははりきって始めるのですが、徐々に精神的な疲労による集中力の低下を起こし、最終的には適当に放置してしまいます。

    まだ読みきっていない雑誌、始めていないゲームが部屋の片隅に置かれていませんか?
    パソコンの中にダウンロードしたまま整理されていないファイルでいっぱいのフォルダはありませんか?
    まさにそれのことです。いつか片付けなければならないと思うと本当にうんざりしますね。

    「次々と新作が出てくるのだから、残念だけど、これに割ける時間はない」そう割り切ってしまえば、楽になるのですが。

  3. 掃除に時間がかかる
    コレクションを汚さずに保存しておくには、ある程度、保管場所をきれいにしておく必要がありますが、コレクションが多いと掃除自体が大変な作業になります。

    置いてある物を移動する→置いてあった場所をきれいにする→物もきれいにする→物を元に戻す

    コレクションの数が増えるに従って作業量も膨大なものになります。    
明日、大地震が起こって家屋が倒壊することを想像してください。
本棚いっぱいの雑誌は、とてもではありませんが、持ち出すことは不可能です。
あなたなら自分のコレクションのうちどれを持って逃げますか?
今の自分にとって本当に大切な宝物は、実は思ったより少ないものです。

あなたにとっての宝物やレアなグッズは、どうぞずっと大事にしてください。
ただ、そのへんの中古ショップですぐに手に入るもの、簡単にネットから落とせるものは、あなたが自分のスペースを犠牲にしてまで管理する義務はないと思います。


・時は金なり
素人が自分の時間を売ることは難しいですが、買うことは簡単です。
自分で雑巾を洗うよりダスキンを選ぶ、立ちっぱなしの自由席よりゆったり座れる指定席を選ぶ、ということですね。
これは楽をする、贅沢をするというより、無駄な時間を減らす、という考え方です。
あなたの使える時間は限られていますので、特に理由がある場合を除いては、じっと我慢するのは極力避けて、
今後の活動計画を練ったり、休養にあてたりするほうが良いと思います。

コストは常に消費する時間とセットで考えます。
コミケで同人誌を買うのも、ひたすら大手に行列をして買物だけで終わるつもりなら、ヤフーオークションで十分なのかもしれません。
ヤフオクでの価格はやや割高ですが、会場までの交通費や消費する時間もコミで考えるなら、出費は大して変わらないはずです。
最近は大勢の素人ブローカーのおかげで、実売価格に近い値段で買えるものも多くなりました。

何度も書きますが、あなたの使える時間は限られています。
特に休日は、休日にしかできないことがたくさんありますので、
平日にできることは極力平日に終わらせたほうが、ストレス無く休日を過ごせます。

例えば、私は、毎週自分の部屋(アパートですが)の掃除をしています。
でも、私が1週間の掃除に費やす時間は、限りなくゼロです。

どうやっているか想像できますか?

まず、掃除の内容を、・雑誌の整理・床の掃除・ガラス拭き・トイレの掃除・衣服の整頓・・・と細分化しておきます。
そして、風呂を沸かす時、洗濯機を回す時、パソコンのデフラグやウイルスチェックをする時、レンジでチンする時、
番組が始まるまでの間といった待ち時間に、一つずづこなしていくのです。

何も考えずに生活していると、5分や10分の待ち時間は、簡単に無駄になってしまいます。
しかし、あらかじめ「待ち時間に何をするか」を決めておくことで、無駄になるはずの時間を有効利用し、
余暇を有効に使うことができるのです。


・やる気は有限
〆切のある仕事を長い間放置してしまい、間際になって「残った仕事は徹夜でやる!」と思ったものの、
いざやっていみると、すぐに飽きたり、予想より早く眠くなったり、実際やってみたらこのペースじゃ絶対朝までには終わらないことが分かってみたり、
あまつさえ作業の途中で改善点を思いついてしまったり・・・よくあることです。

気持ち次第でやる気は無限に出てくると思われるかもしれませんが、やる気は有限です。
むしろ、放置すると、どんどん無くなっていきます。

どのくらい時間、どの程度の量のやる気が必要なのか、予測して、納得してから使いましょう。
また、やる気が有効に使われるためには、目標を達成するために必要なものが何であるかもはっきりさせておいたほうが良いと思います。

TOP