・目標へのアプローチ

自己分析の方法はいろいろありますが、まず(他人を意識するか自分を貫くか)×(抽象的か具体的か)の4通りに分類するのが簡単だと思います。
次の4つのうち、自分はどのタイプの生き方が好きですか?

どれか決まりましたか?人によっては2つのタイプの境界上に位置するかもしれません。
どうしても決まらないようでしたら、4つのうち「この人とはつきあいたくない」という生き方を選んでください。おそらく、あなたはその対極に位置します。

重要なのは、「どれが得意か」ではなく「どれが好きか」で決めることです。
どんな生き方をするにせよ、あなたはこれからたくさんの事を覚え、いろんな技術を身につけていかなくてはなりません。
自分では一生懸命やったつもりでも、理不尽な仕打ちを受けたり、自分の不甲斐なさに泣きたくなることもあるでしょう。
だからこそ、「辛くても、好きだから続けられる」ために、自分の好きな生き方を選んでほしいのです。

自分のタイプが見えてきたら、次は目標へのアプローチの方法を決めていきます。
あなたがどんな分野に進むのか、私には分かりませんが、
自分のタイプを知っていると、アプローチの方法も決めやすいと思います。

例えば、「同人誌を作りたい」という目標があるとします。


このように、同じ目標を持っていても、タイプによってアプローチは違ってくるのです。

次は、実際に行動に移すまでを詳しく見ていきます。

NEXT